一人でも遊べる幻想的カードゲーム「オニリム」の魅力まとめ

オニリムとは

オニリムは一人から二人までで遊ぶことができる夢の中から脱出することを目的としたカードゲームです。

オニリムは、プレイ時間がだいたい15分から30分程度で遊ぶことができます。

ルールがいくつかあるなどのやりこみ要素も高く非常におすすめなオニリムですが、具体的な魅力はどのような部分なのでしょうか。

今回は、オニリムの魅力についていくつか紹介していきます。

オニリムの基本ルール

まず、オニリムのルールを紹介していきます、ルールを紹介することで雰囲気を掴むことができます。

そして、どういったカードゲームなのかを知ることで自分も楽しめるかどうか判断しやすいでしょう。

カードゲームなどのアナログゲームでは、世界観や絵柄が好みであるかなどの要素も非常に重要です。

なので、基礎的なオニリムのルールを見てみましょう。

オニリムの基本ルールその1 カードの色は4種類

オニリムではたくさんのカードを使用しますが、基本カードのほとんどは赤いカード、青いカード、緑のカード、茶色のカードの4種類です。

オニリムではこれらのカードを最初に手札が5枚になるように引きます。

そして、順番に並べては山札からカードを引いていく流れを繰り返します。

オニリムでは手札からカードを出す時に決まったルールがあります。

それはクリアする為に同じ色のカードを3枚連続で並べなくてはなりません。

さらに、赤いカードにもそれぞれ違ったマークがあり、違うマークのカードをそろえなくてはなりません。

つまり、赤いカードを始めに並べたとします。

その時に1枚目の赤いカードには月のマークが書かれていました。

そうするとプレイヤーはクリアするためには赤いカードでも月以外の太陽などのマークを出さなくてはいけません。

オニリムの基本ルールその2 扉カードを8枚揃えよう

先ほどオニリムでは手札からカードを並べていくのが基本であるということを紹介しました。

なぜ並べるかと言うと、山札の中に眠る夢の扉カードを集めるためです。

夢の扉カードは合計で8枚あります。

そして、他のカードと同じように夢の扉カードにも色があり、赤、青、緑、茶色が2枚ずつあります。

この夢の扉カードを8枚揃えることでプレイヤーは勝利することができます。

夢の扉カードを集める為には先ほども紹介した同じ色で違うマークのカードを3枚連続で並べなくてはなりません。

簡単なように見えますが、マークにはたくさんあるものから少ないモノもあるので、意外と難易度は高いです。

オニリムの基本ルールその3 悪夢カードから逃げのびろ

ただ4色のカードを並べるだけでは、簡単なゲームで面白くありません。

オニリムでは一人でも遊べるカードゲームなので、敵はゲームシステムでもあります。

そして、その中でも一番の強敵となるのが悪夢カードです。

オニリムの設定では夢の中の迷宮に迷い込んでしまい、悪夢から逃れる為に夢の扉を通り抜けて夢からさめなければなりません。

なので、敵として悪夢カードも山札の中に存在します。

悪夢カードを引くと手札を全て捨てるか、せっかくそろえた扉カードをもう一度山札に戻さなくてはなりません。

プレイヤーは山札が尽きてしまうと負けてしまい悪夢に取りこまれてしまうので、いかに悪夢カードを引かずにカードを並べられるかが重要になります。

オニリムでは手札から出せるカードがない時に手札を1枚捨てて山札から1枚引くことができます。

これは便利なルールですが、悪夢カードも引く可能性が高くなるので注意が必要です。

オニリムの基本ルールその4 予言の能力を使いこなそう

オニリムの最後に紹介するルールは予言の能力です。

先ほども紹介したようにオニリムのカードにはマークがしるされていると紹介しました。

そのマークの種類は基本ルールでは3種類です。

一番多い太陽のマークと次に多い月のマーク、そして貴重であり、ゲームを攻略のために欠かせない鍵のマークです。

太陽と月のマークのカードは特殊能力はありません。

しかし、鍵のマークだけは特別です。

鍵のマークは捨て札にすることで「予言」と言う能力が使えます。

予言を使うと山札から5枚見て、1枚を捨て札にすることができます。

そして、残りのカードは好きな順番で山札の上に戻せます。

つまり予言を使用する事で悪夢カードを捨て札にしながら自分に有利なように山札を操作できるのです。

これを使用して上手く夢の扉を集めましょう。

また、ゲームをプレイしていると先に夢の扉カードを引くことがあります。

この時に夢の扉と同じ色の鍵マークのカードを持っていればすぐに夢の扉カードが手に入るのでお得です。

オニリムの魅力とは

ここまでは基本的なオニリムのルールを紹介してきました。

オニリムは、4色の迷宮カードを並べて道を作り夢の扉カードを集めていくゲームです。

頭も使うことと運の要素もあるので、いつまでも楽しめますし幅広い年齢に愛されます。

では、そんなオニリムの魅力とはどのようなところなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

オニリムの魅力その1 可愛らしいカードの絵柄

まず、一つ目に紹介するオニリムの魅力は、可愛らしいカードの絵柄です。

オニリムはカードゲームなのでたくさんのカードを使用します。

そのカードの絵柄はどれも絵本の一場面の様な絵なのが特徴です。

抽象的な雰囲気もありながら、どこか懐かしいような優しいタッチなので子供の遊ぶおもちゃとしてもおすすめです。

また、箱や説明書などのデザインもかわいらしく家に置いておきたいと思わせます。

悪夢から逃げると言う少し怖いような気もするテーマですが絵柄のおかげで、絵本の世界を旅しているような雰囲気も持ちます。

男性にも女性にも遊びたいと思わせ、見た目で遊びたくないと思わせることもないので、誰でも始めやすいアナログゲームです。

オニリムの魅力その2 一人でも遊ぶことができるカードゲーム

次に紹介するオニリムの魅力は、一人でも遊ぶことが出来るカードゲームということです。

基本的にほとんどのカードゲームというのは対戦型のモノが多いのが特徴です。

そのため、一緒に遊んでくれる人がいないとコレクションするだけであったり、一人で回すだけで物足りなくなってしまうことがあります。

ですが、オニリムでは元々一人で遊ぶように作られています。

また、二人で遊ぶ際にも協力プレイなので兄弟やカップルで遊ぶのにも最適です。

プレイ時間も短い事から少しの隙間時間や誰も遊ぶ相手がいない暇な日の遊ぶ道具としても最適です。

トレーディングカードゲームと言えばレアカードなどをそろえなければならず、お金がかかるイメージを持つ人もいます。

しかし、オニリムでは一つ購入すれば、そのまま他のモノを追加で購入する必要もないので安く遊び続けられるのも魅力です。

オニリムの魅力その3 たくさんの遊び方があって飽きない

3つ目に紹介するオニリムの魅力は、たくさんの遊び方があるということです。

オニリムには全部で8つの拡張ルールが付いています。

すべてをいっぺんに追加して遊ぶことも可能ですし、8つの拡張ルールの中から気にいったルールのみを取りいれることも可能です。

オニリムの拡張ルールはそれぞれ独特のテーマがあり、難易度がかなり高くなるものもあります。

なので、最初は基本ルールで遊び、慣れてきたら徐々に拡張ルールを取りいれることでより長く遊ぶことが出来るでしょう。

基本ルールでは好きな順番で夢の扉を集めても良かったのが夢の扉カードを集める色の順番が決められたり、新たな特殊能力を持てるようになったりと盛りだくさんの内容で

す。

大人でも良く考えないとクリアできないという絶妙な難易度なのでやりこみ要素が高く、コストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

オニリムの魅力その4 ちょうどいいゲーム難易度

先ほども少し触れましたが、オニリムでは基本ルールの時から運の要素と考えて行動する要素が絶妙です。

なので、ギリギリでクリアできるかできないかのちょうどいい難易度なのが魅力でもあります。

カードゲームにおいて簡単すぎればすぐに飽きてしまいます。

かといって一回もクリアできないような難易度では相当な根気がないと続かず、つまらないと感じてしまうでしょう。

このことからオニリムの難易度設定は非常に絶妙で、もう一度やりたくなるカードゲームと言えます。

クリアするのにもギリギリでクリアする場合が多いので最後までハラハラできます。

さらに、協力プレイの時のクリアした時の達成感も高いので、友達やカップルの仲を深めるのにも最適です。

オニリムの魅力その5 アプリでもいつでも遊べる

最後に紹介するオニリムの魅力は、オニリムがアプリでも遊ぶことが出来るということです。

オニリムを買いたいけどカードが痛むのが嫌だと言う人や、もっと手軽にどこでも遊びたいと思う人も多いと思います。

そんな時にオニリムのアプリをインストールすることで、手軽にどこでもスマートフォンでオニリムを遊ぶことができます。

ルールなどは全く同じですし、120円で遊べるのでお得です。

箱のデザインなどが気に入っていたり、カードを触って遊ぶ方が良い人はアナログ版を購入し、ゲームが好きで遊びたい場合はアプリにするのがおすすめです。

どちらもそれぞれ違ったメリットがあるので、好みによって遊んでみてはいかがでしょうか。

一人でも遊べる幻想的カードゲーム「オニリム」の魅力まとめ

今回はソロプレイでも遊ぶことができる協力型カードゲーム「オニリム」の魅力について紹介しました。

オニリムの基本ルールは数回遊べばすぐにルールを覚えられますし、3回に1回くらいの確率ではクリアできるくらいの内容です。

より早くクリアできるように追究したり、拡張ルールを追加していき、さらに高難易度のオニリムを楽しむのも面白いでしょう。

拡張ルールを取りいれた場合でももちろん2人プレイもできるので、秋の夜長や雨の日のお供として購入してみてはいかがでしょうか。

楽しい夢の旅を味わうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA