アンドールの伝説の魅力を徹底解説!!ルールや攻略のコツとは!?

アンドールの伝説とは

アンドールの伝説は、アークライトというメーカーによって作られたボードゲームです。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーのようなRPGの様な世界観が魅力で、多くの人に愛されている作品でもあります。

対象年齢は10歳からです。

アンドールの伝説は、ドイツ年間ゲーム大賞やエキスパート部門大賞受賞もしている非常に有名なボードゲームでもあります。

プレイ時間が40分程度から1時間以上かかることもありますが、協力型ボードゲームということもあり、初心者から熟練者まで楽しめるのも魅力の一つです。

プレイ人数は一人から四人まで遊ぶことができますし、拡張版を買うことで6人まで遊べるようになります。

今回は、そんな人気ボードゲームの一つであるアンドールの魅力を徹底解説します。

アンドールの伝説のルールとは

ボードゲームにおいて、ルールは非常に重要です。

ルールが良く出来たものであれば、ルール説明を聞いただけで面白さが伝わります。

さらに、自分がやりたいかどうかも感じることでしょう。

なので、まずはアンドールの伝説の基本的なルールをいくつか紹介していきます。

もちろんアンドールの伝説は、より楽しめる要素がある応用したルールなどもあります。

しかし、最初の基礎を知るだけでも楽しさやこのゲームのキモが分かるので、見ていきましょう。

アンドールの伝説のルールその1 移動は1日内で限界がある

まず、アンドールの伝説のルールとして特徴的なのは、移動はゲーム内の1日で限界があるということです。

アンドールの伝説は、協力プレイのボードゲームであると先ほど紹介しました。

そして、いくつかのシナリオを目的を達成する為に協力して行動していきます。

一般的にボードゲームの移動方法はサイコロを振って、出た目の数だけ動かせるものが多いです。

しかし、アンドールの伝説は一味違います。

アンドールの伝説では昼と夜のパートに別れています。

昼に活動できるのは7時間分であり、1マス進むのに1時間費やす必要があります。

これを交互に行ってマスに書いてあるミッションを行ったり、アイテムを獲得していきます。

ちなみにアンドールの伝説では昼に7時間動けると言いましたが、それぞれのキャラクターが7時間分順番に自由に動けます。

なので、自分を強化するのに時間を当ててもいいですし、敵を倒しに向かうのも自由です。

これらを相談しながら独自で動いていくのが基本です。

さらに、夜のパートでは体力が削られてしまいますが、無理をして移動することが可能です。

なので、ゲームをクリアするために体力を顧みずに動く必要があったりとバランスを考えて動く必要があります。

アンドールの伝説のルールその2 戦闘はダイス形式

アンドールの伝説ではたくさんのクリーチャーが存在します。

そして、目的を達成する為にはクリーチャーを倒す必要があります。

アンドールの伝説での戦闘ではダイスを使います。

元々キャラクターには攻撃力が定められており、最初は1です。

しかし、アイテムを手に入れたり、ミッションをこなすことで強くすることができます。

そして、戦闘時にはそれぞれのキャラクターによって決められた数のサイコロを振ります。

そして、大きい数を選んで、攻撃力を足すことでその勝負を決めます。

なので、初心者でもすぐに覚えられますし、足し算ができれば問題ないので小学生でもできるのはいいところでもあります。

また、アンドールの伝説のキャラクターの中には戦闘中に数個のサイコロを同時に投げれるキャラクターがいます。

そして、その数がぞろ目だった場合のみサイコロで出た目を合計できるので、非常に強力です。

アンドールの伝説のルールその3 物語は自動で進む

次に紹介するアンドールの伝説のルールは、物語は自動で進むということです。

アンドールの伝説では、物語が書かれているシナリオカードがあります。

そして、全プレイヤーの一日が終わったり、クリーチャーを倒すことで物語が進みます。

これにより新たなシナリオカードを読むことになるので、こういったボードゲーム特有のゲームマスターが必要ありません。

ゲームマスターが必要なボードゲームの場合ですと、一人がゲームに一緒に参加できなくなってしまいます。

ですが、アンドールの伝説は、今紹介したような素晴らしいシステムがあります。

こうして、自動的に物語は進んでいき、物語が終わってしまう前に目標を達成していきましょう。

アンドールの伝説の魅力とは

ここまでは基本的なアンドールの伝説のルールについて紹介しました。

ルール自体は、ルールを覚えるためのチュートリアル版の物語もあります。

なので、買って開封したらチュートリアル版をプレイしながら遊んで細かいルールを覚えていきましょう。

では、具体的にアンドールの伝説の魅力はどのようなところなのでしょうか。

特に面白いと思われる魅力をいくつか紹介していきます。

アンドールの伝説の魅力その1 作り込まれた世界観とストーリー

まず、初めに紹介するアンドールの伝説の魅力は、作り込まれた世界観とストーリーです。

アンドールの伝説ではプレイヤーが勇者となって世界を守るために冒険します。

これは、さながらドラゴンクエストなどのRPGのような世界観であり、好きな人も多いでしょう。

アンドールの伝説の中には魔女やドラゴン、トロールのようなRPGでは定番の悪役キャラクターも登場します。

これらの敵から城や王を守るという設定だけでも燃えるのではないでしょうか。

また、アンドールの伝説ではいくつかのシナリオが存在します。

それぞれのシナリオが繋がっており、次第にだんだん難しくなっていきます。

これにより、いつまでも飽きることがありませんし、長い間プレイして楽しむことができます。

シナリオ自体もしっかり作り込まれており、世界観に入り込めるようになっています。

まさしく、自分がRPGの勇者になったような気分が味わえることでしょう。

アンドールの伝説の魅力その2 協力して戦略を立てられる

次に紹介するアンドールの伝説の魅力は、協力して戦略を立てられるということです。

アンドールの伝説は協力型ボードゲームです。

多くのボードゲームではプレイヤーが競い合って勝利を目指す形式のものが多いです。

もちろん競う形でのボードゲームも面白いのですが、その場合は初心者とやり慣れている方で優位性が出てしまいます。

その点でアンドールの伝説ではそれぞれが一つの目的の為に協力して、各地でやるべきことをやる様になるのでどんな人でも楽しめます。

それぞれ使うキャラクターによってもスタートする場所が違ったり、能力も違います。

なので、いかに効率よく自分のできることをやってチームに協力するかというのがキモであり、魅力の一つです。

子供同士で遊ぶ場合では話し合い、友情を深めることにも向いていますし、家族で一致団結するのにも向いているでしょう。

なかなか一つの事を協力して全員で話し合って、目的を達成する機会というのは少ないので、楽しめることでしょう。

アンドールの伝説の魅力その3 様々なキャラクターと特殊能力

3つ目に紹介するアンドールの伝説の魅力は、様々なキャラクターと特殊能力があることです。

アンドールの伝説ではプレイヤー自らが勇者となり、冒険していくと紹介しました。

その中で、プレイヤーはまず最初にどの職業や種族になるかを選ぶ必要があります。

基本のアンドールの伝説にある職業は、戦士と狩人、魔法使い、ドワーフの4種類です。

それぞれに特殊能力があります。

例えば戦士は、井戸の水で体力を回復する場合、基本は3回復ですが5回復します。

また、魔法使いの場合であれば戦闘の際のダイスを裏面にすることができます。

つまり、サイコロを振って1が出ても6に変えられるということです。

このように体力をたくさん増やせるキャラクターや戦闘向きのキャラクターにも別れるので、自分の好みの職業について冒険するのも魅力です。

アンドールの伝説の魅力その4 拡張セットがあることで飽きない

最後に紹介するアンドールの伝説の魅力は、拡張セットがあることで飽きないということです。

基本セットのアンドールの伝説だけでもそれぞれ難易度の違ったシナリオが5つも入っています。

これだけでも十分楽しむことが出来ます。

しかし、アンドールの伝説は人気商品ということもあり、続編である拡張版がいくつも販売されています。

例えば「アンドールの伝説 拡張セット 新たなる勇者たち 完全日本語版」などは、新たな職業とシナリオが追加されているので、より深くゲームを楽しむことができます。

しかし、この拡張版の場合は先に基本セットのアンドールの伝説がなければ遊べないので、注意しましょう。

また、中には「アンドールの伝説 最後の希望 完全日本語版」のようなそれだけを購入しても遊べる拡張版もあります。

一つのアンドールの伝説でも十分なやり込み要素がありますが、さらに多くのシナリオやキャラクターで遊びたい場合は拡張セットの購入をおすすめします。

アンドールの伝説の魅力を徹底解説!!ルールや攻略のコツとは!?まとめ

今回は、ボードゲームの中でも有名で多くのファンがいるアンドールの伝説について紹介しました。

プレイ時間が長くなってしまうので、じっくり遊べるときにしかできませんが、子供から大人まで幅広い世代で遊べます。

また、友達同士でもカップルでもいろんな関係性であっても協力し合って楽しめるので、面白いボードゲームをお探しの方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA